%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%AC%E3%83%8F%E3%

ごあいさつ & プロフィール

私の想い

ひかりと共に生きる、ひかりの水路となる
伊藤由美子Web siteへようこそ

  現在、私がやっている仕事について

「一体何をされている人なんですか?」と、聞かれることがあります。しかし、一言では答えられず。私のやっていることは大きく分けると、

 

① ワークショップ(各種)

② 講座(各種)

③ アカシックレコード・リーディングセッション

④ 絵画制作

⑤ エッセイ、詩作

⑥ それらを継続して更に深めるコース

になります。

(*より詳しい仕事内容は、図の下に

なぜ、その仕事なのか

元々は、やりたくて始めた仕事ではありません。絵画制作以外は、20代の頃の私が聞いたら驚いてひっくり返る内容です。スピリチュアル、という言葉を聞くのも嫌いでした。今だに、そのような関係者の知り合いも居ません。それなのに何故、こんなことになってしまったのか(笑)

 

きっかけは、体がとても弱かったこと、

いつも死が近くにあって、壮絶に孤独だったこと。

子供の頃から小児ぜんそくや自律神経失調症などで薬が食事、病院が庭のような生活でした。いつもぜんそくの発作で、息をするのが苦しかったです。呼吸がよくできないので歩くのが遅く、人と一緒に行動ができませんでした。気がついたら、壮絶なイジメの対象になっていました。殴られ蹴られ、廊下を引き摺り回されながら、病気とも付き合い、息も苦しくて友だちもいない日々。それは大人になって社会に出ても、さほど変わらず続きました。病院をたらい回し、いくら検査しても原因不明の病として、処方される薬も効かず、ついに寝たきりに。もう死ぬのかな、と思った20代後半。知り合いに、ある整体院に連れていかれました。その先生は、私を見てこう言いました。

「あなたは治療だけ受けても良くならない。

人を癒せるようになったら、自分を癒すことができるでしょう。」

不思議なことを言う人だなあ。普通は逆じゃないかと思いましたが、それが契機となり、整体、ヨガ、心理療法、滝行、砂浴などを習い始めました。このときに色々やったことが、後に繋がっていきます。チベット仏教の修行も始め、単身南インドのチベット僧院にも滞在し、様々な学びを深める時期でした。

そしていよいよ自分の仕事へ

40代後半。突然、両腕が激痛で、まったく動かなくなりました。両腕が動かないと、食べることも作ることも掃除もできず、その頃していた仕事も全部辞めざる終えなくなりました。激痛が24時間続くので眠れないし、家賃も、治療費も払えない。絶体絶命のピンチです。もう何年か前から、ある声が聴こえていました。

 

「あなたに与えられた能力で、人々を助けなさい」

 

私はそれを聞かないふりをしていました。スピリチュアル嫌いだし、責任持てないし、何よりも自分にそんな力があるという確信が持てなかったのです。しかし、両腕が動かず激痛になったことで、最終勧告が来たなと感じました。それは大袈裟ではなく、生きて働くか、死ぬか、でした。どちらかを選ばなくてはならず、死んでもいいかなと思ったのですが。仕事を選んだのはズバリ、

「今までの人生がつまらなかったから。」

「苦しい」でも「辛い」でもなく、「つまらない」がkeyであったとは。少し前から、こんなタイトルのワークショップを始めていました。

「Key to Joy~ 喜びに向かう鍵をわたす。」

 

そして一歩づつ、少しずつ積み重ねながら、今日があります。

「あなたの人生を、

真理を探し求める人々への開かれた光としなさい」

 

人生の大先輩、エドガー・ケイシーの言葉です。ひかりの水路となる。どんな時でも、喜びにあふれた日々を生き切るために。

共に歩んで参りましょう。

  

伊藤 由美子

​伊藤由美子 プロフィール

アカシックレコード・リーダー、チャネラー、画家。

「アトリエ*Light Terrace」主宰。

絵画制作、カウンセリング、ヒプノセラピー、演劇、パントマイム、整体、ヨガ、カバラ、修験道など東洋、西洋の様々な叡智を学ぶ。

南インドのチベット僧院、東京のチベット仏教センターにて、チベット仏教、チベット語の研鑽を積む。

現在、アート・教育・スピリチュアルの3部門にて、絵画展、講演会、ワークショップ、こころと身体を育てる個人講座、アカシックレコード・リーディングなどオリジナルメソッドにて活動中。

[関連図書]
インタビューが掲載されています。

魂の医療』〜これからの時代に必要な視点、価値観、療法を探る〜最先端で活躍する10人に直撃インタビュー(ナチュラルスピリット刊)

仕事内容を少し詳しく *

①ワークショップについて

*砂浴デトックス・ワークショップ

*聖地巡礼ワークショップ

*瞑想ワークショップ(各種)

の3本柱です。

②講座について(個人、グループ両方あります)

*結界講座(一番人気です) 

じぶんと周りを、より良くふさわしい場に整える。

*魂の学校

*カバラ講座

占いではなく日常生活に活かせる真理のメソッドです。カバラを詠む~井筒俊彦の「意識と本質」をテキストとして

その他、リクエストに応じて組み立てています。

③セッションについて

*アカシックレコード・リーディングセッション

人間関係、仕事、生き方すべてにおいて、より良く幸せになるために自身でできる、必要なこと。全てを知っている、あなたの魂の通訳をします。必要があれば、過去生や未来もお伝えします。

 

⑥コースについて

*少人数コース「メロン(鏡)」

チベット語で鏡のことをメロンと言います。①~③の内容を、個人または少人数グループで継続的に深く掘り下げ、より日常生活に活かしていくことをめざします。☆リーディングで、その時、その人に合う内容を読み、進めます。

すべて自身で生み出した、オリジナルメソッドです。

WS・講座のお申し込みはこちらから 

©2020 Yumiko Ito. このサイトの全部、または一部の内容を作者の許可なく転載することを禁止します。