top of page
このサービスはご利用いただけません。詳細につきましては、お問い合わせください。

カバラ講座

カバラを詠む〜井筒俊彦『意識と本質』をテキストとして日常に活かせる真理のメソッドです。

  • 30,000円
  • Location 1

サービス内容

【カバラ講座】(所要時間2時間) カバラを詠む〜井筒俊彦の「意識と本質」をテキストとして 占いや呪術的側面ではなく、「生命の木」の読み解きをメインとして、真理の法則をお伝えする講座です。 古今東西、様々な人々が、この法則にのっとって偉業を成し遂げています。 キリストや仏陀、バッハやシェイクスピア、近年ではシュタイナー、空海など。 自然界に存在する花や鳥までもが、その循環の中にいます。 無意識には知っていても、「意識化」できなければ、現実生活に活かすことはできません。 この講座では、カバラの叡智を普段の生活に使うことをめざします。 より良く循環させ、生き生きと光輝く日常のために、できることをお伝えします。 そのためのテキストとして、「意識と本質」井筒俊彦を使います。 講座内では、カバラの瞑想も体験していただき、カバラの真髄を立体的に感じていだだきます。 井筒俊彦は言語哲学者。 30もの言語を話し、司馬遼太郎が、「井筒の中に20人くらいの天才が入っている」と言った程の大天才です。 イスラム学者、神秘哲学者のイメージが強く、テヘランの王立哲学研究所の教授で、世界的な評価を受けていました。 書物を書くのは英語、日本に一生帰る気がなかったのが、イラン革命勃発で日本に逃げるように帰国。自分の東洋と向き合い、日本語で書かれたのが「意識と本質」で、生涯の最高傑作と言われています。 日本人である著者が、日本人に理解できるように、また未来の指南書として書いた「意識と本質」をわかりやすく読み解きながら理解を深めます。


今後の予定


連絡先


bottom of page